FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007112017031522007112017031520071120170314
テスト中でなおかつしあさってから受験だって言うのに、何で僕は今携帯に向かってるんだろうって自問自答がヤバい。

そんなこんなでもうレベル4までやってきました。
この日記は、面接(入学でも就職でも)を控えてビクビクしてる人がヤフーで
『面接 ヤバい。マジヤバい。』と検索したら偶然見つかって、あれ!このブログ凄い!!!!面接のコツが完璧に書いてあるじゃん!!これなら私も………行けるかも…!!

…1週間後、そこには庭を元気に走り回る幸子の姿が!

『ラブチルの面接講座に出会って私の人生、変わったわ。レベル2くらいまでは疑ってたんだけど、全部読み終わった時に確信したわよ。しょうゆチルチルさんは、現代に降り立った神だ…ってね。
もちろん、就職活動は上手くいったわ。ゼネラルモーター○とトヨタとペンタゴンの試験に一変に合格したの! それだけじゃないわよ。ラブチルを見た途端に、知らない男性から雪崩の様に告白されたわ。しかもみんなイケメン!
あとは、庭に石油が沸いた。
そんな感じで、今でもしょうゆチルチルさんには感謝してるわ。
私ももうおばあちゃん…… おばあちゃんになった今、孫にあげるのはもちろんラブチル。何故なら彼もまた、私の大切な家族だからです。』

…そんな風に人の一生を変えられる様な面接ガイドを目指してます。
前置きが大分長くなりました。

今日は、面接当時に持って行く装備について。

……………………………………

面接に持って行くもの、といったら、まぁ一般人であっても『受験票』だとか『お守り』だとか、何の面白味もない平凡オブ平凡な答えが出来るとは思います。

しかし、僕が今日提言しておきたいのは、(画像で分かるかも知れませんけど、)『時計』です。

そう。時計。まさに盲点!
NASAの調査では、面接等に向かう現代人の6割が時計を忘れて行く傾向にあると言います。

『えっ?時計?マジウケるんですけど(笑) 携帯で見ればいいし…』

…とかのたまふ方がいらっしゃらないとも限らないので言っておきます。
試験に論文等が組み込まれていて、受験票などと共に事前に届く論文の要項の用紙には、

『携帯電話は電源を切ってもらいます。』
『だから、時間を把握したかったら自分で持って来い。カス。』

…などといった旨が記入されておりますが、実際にはそれはフェイク。ほとんどの企業や大学などの面接 論文試験会場には、情報の漏洩防止のための電波傍受装置が仕掛けられているのです。ちなみに、それによって一時的に時計も狂います。だから、体裁のいい様に電源切れって書いてあるんです。覚えておいた方がいい。

つまり、僕らに求められるのは、絶対に時計を持ってくる事…。
というよりね、プロの僕に言わせれば、面接はもうそこから始まってます。相手の敷地に入った瞬間に時計をしているかしてないか。勝負の分かれ目はそこです。間違いない。

んで、僕の時計。
とりあえず3つ写真を撮りましたが、これ以外にあと10個程度は持って行く予定です。僕はプロだから13個くらいで行けるけど、アマチュアの人はどう控え目に考えても20↑は持って行った方がいいですよ。マジ。

一応説明すると、1つ目のは昔懐かし っていうかアンティークな懐中時計。ラブチルにも何度か出演の経験があります。

『面接なんて大事な場に、なんでそんなアナログな……』

…とおっしゃるかもしれない。
しかしよく考えてみて欲しい。全部の時計が、最新鋭のデジタル……電波時計で1秒も狂わない……デジタル!…………

それって、怖くありませんか?
デジタルには、デジタルの弱さがあります。そこらへんまで考慮して持って行けちゃう僕は、やっぱり天才かも知れません。

2つ目は、普通の腕時計。
うん、まぁ普通の腕時計。ついこないだ、お父さんからもらって電池を変えて、慣れるためにこのテスト中もずっと着けて行っています。

普通の腕時計ほど普通なものはない。
ここで豆知識。より高そうな、ハイテクそうな時計を持って行く事は誰にでも出来ますが、そうすると当然 敵から狙われやすくもなります。 門をくぐった時点で、大学の差し向けた刺客にやられる可能性が飛躍的にアップする。事実だ。
だから、普通の時計。

3つ目は、てんとう虫の形した時計。正直言って、今回の受験の合否はこのてんとう虫君にかかってるんじゃないかと思ってます。

これは僕が学生カバン(当日も使用する。)にキーホルダーとして着けてるんですけど、このてんとう虫君を一目見ただけではこれが時計であると気付く人間はほとんどいません。完全なるカモフラージュとなる訳です。
他の時計や受験生が続々と倒され、壊れて行く中で、ただ一つ…いや、一人だけ漫然と機能し続けるてんとう虫君時計。なんて素敵でしょう。

……でもね。
てんとう虫君時計が救世主となるであろうという自信の根拠は、他にもあるんですよ。

さっきも言った通り、面接に行く人の6割は時計を忘れるという統計があるくらいですからね。…立ち尽くしてオロオロして、今にも泣き出しそうな顔の人がいたらまずソレと見て間違いないでしょう。

その上で役に立つのが、このてんとう虫君時計。
ここからは僕が最近頭で繰り広げているイメージトレーニングの様子です。

……………………………………

柴咲コウ似の女の子。制服姿がとても可愛い。
柴咲コウみたいなちょっとキツい目なのに、涙を浮かべてオロオロしてるから逆に凄い可愛い。ヤバい。

フェミニストな僕は話しかける。
『どうされました?受験生の方ですよね?』

柴咲コウ
『はい……。時計を忘れちゃって…。このままじゃ私、不合格だ。』

そんな事を言ってますます激しく泣いて僕にすがってくるもんだから可愛い。

『あの…。良かったら、僕の時計使いますか? はい。(てんとう虫君時計)』

柴咲コウ
『(キュン!)
(時計をいくつも持って来ているという周到さに加えて、この優しさ。しかしそのかっこよさとこの時計の可愛らしさのコントラストに痺れる!)
(キュン!)…好き!!!!』

……………………………………

こうして僕は、柴咲コウ似の彼女と大学合格、2つの切符を手に入れるのです。

これは完璧に計算し尽くされた上でのイメージトレーニングだから、まず実現すると見て間違いありません。

皆さんも色んな場面で、時計に関わらず大切なものを忘れないようにお気をつけ下さい!
じゃぁ、柴咲コウ似の彼女が呼んでるんで また♪
Secret

TrackBackURL
→http://nazonokaijinn.blog34.fc2.com/tb.php/760-14d33a79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。